「足る」を知る

使いやすい収納に欠かせないポイント。それは、「自分の暮らしに必要な分以上のモノを持たない」ということです。たくさんの方々が、自分の家のモノの多さに煩わされています。モノが多過ぎれば、いくら収納をやり直しても片付かないのは当然のことと言えるでしょう。
例えば、「便利そう! 」と買ったはいいけど、全然使っていない “折りたためる”キッチンツー ル。例えば、食品のシールを一生懸命集めてプレゼントに応募したはいいものの、全く使う気配のないバッグ。どちらも、幸せのために家に迎え入れたはずのに、今や収納スペ ースを圧迫するだけの存在になっているものも少なくないはずです。
そうなってしまったのは、すでに“折りたためないけど使える”ツールを持っていたから。懸賞に応募しなくても、すでにバッグはあったから。ではないでしょうか?
足りていることを知ろうとせず、目新しさやお得感に飛びついた結果家の中がモノであふれてしまうという結果を招いてしまったのです。
しかも、それらはお金や手間をかけただけに簡単には捨てられません。“お得”のような付加価値でなく、「モノ」そのものと向き合っていきましょう。